下絵とは、友禅染で模様をつくる最初の工程です。注文に従って図案をつくり、仮仕立てをした白生地に青花(水に溶けやすい青色の染料)を使い模様を骨描きすることを言います。注文は多様で、年齢やその趣味、好みによって模様の種類や柄付けが変わります。染めるべき着物の仕上がった状態を心に描きながら筆を走らせます。下絵が仕上がりの良否を決めることを思えば、他の工程をも熟知し、技術と知識、そして充分の準備が必要となります。