染匠とは、悉皆屋(しっかいや)とも呼ばれ、着物や帯の種類、色の配色、柄などをトータルで考え、呉服問屋と職人を結ぶ、呉服総合プロヂューサーです。また、着物へのこだわりが強く、知識も豊富で、白生地から完成品までに、職先(職人や呉服関連の加工先)十数軒廻って手描友禅染の着物や帯などを製作しています。