金彩(印金)技法は、インド・ジャワ、そして中国より唐時代に始まり、宗時代以降に銷金として盛んに行われると謂われています。日本でも、古来の染色技術の絞り染めと刺繍と金彩技術が併用されて、絢爛華麗な染飾の美が完成されています。また、能装束・祝着などには、金彩(摺箔)技術だけで金彩模様が表現され、江戸時代、尾形光琳の小袖には、振金砂子の技法が施されています。このように日本では、摺箔・押箔・振金砂子・泥金描などの技術は、藤原時代より桃山・江戸時代に確立されました。手描友禅は、元禄時代より始まったので、むしろ手描友禅よりも金彩技術は、歴史的に古くからあります。これらの優れた歴史を持つ金彩技術を駆使した古代衣装は、我国染織史上の名品として今日伝えられ、大切に保存されています。この古き金彩の技術は、年月と共に技法・素材・道具の改良、発見を加えつつ伝統技法を受け継いで、現在では充実した金彩技術で多くの染飾品が創作されています。



金彩の技法は代表的な、摺箔・押箔・等と手描友禅染の加飾などの技法があるが、先人達の努力研鑚と素材及接着剤等の発展改良により、ここに紹介する伝統的な技法と革新的な技術技法を持って新分野に展開しています。


金入糊を筒紙に入れて金線描きをする。接着剤と箔とで金線糸目を表現する。


型紙を置き摺りおろした接着の上に箔を貼り乾燥すれば慶長摺箔の出来上がり。


砂子筒の中に箔を入れて箔を振るい落として金ぼかしを表現する。


この技法は大和絵及び蒔絵技法の応用として行なわれている。


細かい純金粉等を、樹脂等でよく溶いて筆で生地上に直接模様を描いていく。この技法は絵心と運筆の熟錬が必要である。


友禅技法の上に、全面的に押箔加工を施して箔を摺り剥がし友禅染に高級感を引き出す。


模様部分に接着剤を塗りその上に真綿を置いて箔を貼り自然な亀裂模様が出来上る。


金彩模様を前面的に立体感で表現する技法。



近年、金彩部会では絵画・屏風・照明器具のようなインテリアに、またドレス・Tシャツ・ハンドバッグ・和洋小物などに幅広く金彩技法を取り入れ、共同制作においては仏具関係・外洋客船やホテルロビーの壁面装飾など、あらゆる方面に挑戦しております。