引染は、生地に染料液を刷毛で均一に、またはぼかし表現で染色する方法です。この染色法は手描友禅のほか、ろうけつ染、小紋染、旗印染をはじめ、型友禅の地染にも行います。むかしは、この引染のことを“岡染”とか“岡デカシ”などと呼んでいました。こうした呼称は、生地や糸を染料液に浸けて染色する浸染法を“壷染”と呼んでいたことに対し、浸けずに染色するという意味あいがあります。歴史的には、染色法の原点を浸染法に求めることができますが、生地に糊料で防染し、模様を染色する方法が発達してきますと、従来の浸染法では不都合になってきました。そこで引染法が考え出され、この引染法は日本で特に発達し、資料でみる限り、江戸時代前期まで逆のぼることができます。当時の小紋染で現存している徳川綱吉所用の松葉小紋裃にその技法がみられ、こうした引染技法が友禅染にも引き継がれ、現在に至っています。簡単に作業工程を説明しますと以下の通りです。




点検

端縫い

引張り(張り木で生地を引っ張る、小張り伸子を生地裏から打つ)

地入れ(豆汁とふのりと水を混ぜて刷毛でむらなく引く)

乾燥(均一に乾燥させる)

色あわせ

引染(染色)

乾燥(均一に乾燥させる)

点検

蒸し・水元

乾燥

点検