手描友禅は友禅加工の最も古い技法であり、今日まで継承され京都の伝統産業の中でも代表的な業種の1つです。染技法は、当初は手描染であり、明治初期になって型染が開発され、更に機械捺染技法が開発されてきています。
 京友禅業界は、染型枠の開発によって独立化が一層進み、分業化が発展することにより、細分化され、専門家された工程ごとに技術の多様化を生み出してきました。同時に、工程ごとの業際化が進み、独自組織化が確立されてきました。長引く和装需要の減退が続く中にあって、この状況にも変化が生まれ、工程ごとの垣根を取り払い、職人同士の交流、新たな仕事越し、技術の共有と手描友禅界の振興発展のため、下記の5つの職人組合が2年間の準備期間を経て大同団結したものです。
 京都染技同趣苑協同組合(昭和28年創立)、京都金彩工芸協同組合(昭和49年4月創立)、京都手描友禅工芸協同組合(昭和50年創立)、京都親彩工芸協同組合(昭和44年5月創立)、京都手描模様糊工芸協同組合(昭和49年5月創立)の永い歴史を持っている手描友禅業界に関連する職人組合が伝統的技術を引き継ぎ、新たな時代に対応すべく平成15年12月に京都手描友禅協同組合として組織を再編し、設立した。

 
 
 
理事長写真

京都手描友禅協同組合ホームページ開設のご案内

 この度当組合もホームページを開設する運びになりました。私共の組合は、京都の基幹産業でもあります「きもの」を製作する職人集団です。「きもの」は製作工程が複雑で一反の「きもの」が出来上がるまでに、主要工程だけでも約13の工程が必要とされます。そうした各工程毎の職人のあつまりが『京都手描友禅協同組合』の構成メンバーです。組合員総数は約160名、工程毎の部会制度に分かれており、染匠部会、下絵意匠部会、糊置部会、地染部会、絞り染部会、蒸精洗部会、友禅部会、金彩部会、刺繍部会、染色補正部会など各工程毎のプロフェッショナルがそろっています。もちろん伝統工芸士の方々も67名おられます。こうした組合員の方々と毎年3月に作品展示会を開催し、展示会では作品出品のみならず、各工程毎の実演、体験教室も開設しており、私共の組合では手描友禅の教室も開講しています。全国から多くの方が参加をされ、卒業生は現在まで約1000名を越えております。私達の組合の原点は「きもの」を愛する皆様方に、何が提供できるか日夜そのことに邁進して取り組みを行っています。これからはこうしたインターネットを通じて消費者に皆様方に「きもの」に関する情報をどんどん提供して参りたいと考えております。皆様方からの「きもの」に関するご要望がございましたら、遠慮なくお寄せ戴きますようお願い致します。

 

 
 
 

京都手描友禅協同組合

〒604-8225 京都市中京区西洞院通四条上る蟷螂山町481番地 京染会館5階

平成15年12月2日

組合員の相互扶助の精神に基づき、組合員のために必要な共同事業を行い、もって組合員の自主的な経済活動を促進し、かつ、その経済的地位の向上を図ることを目的とする。

150名

480万円

理事/16名 監事/2名 顧問/1名 参与/1名

京友禅協同組合連合会 内
担当者  小雲 明英
TEL 075−255−4496
FAX 075−255−4499

1)京都手描友禅作品展事業の実施
2)手描友禅工程講習会の開催
3)京都手描友禅染色教室の開催
4)機関誌「てがき」の発行
5)健康福祉事業
6)後継者育成・青年会事業
8)部会活動
9)伝統工芸士会の活動