2011年06月16日
京都市「未来の名匠」認定制度についてのお知らせ

 

組合からのお知らせ
下記の募集が京都市からされております、詳しくはネット検索「未来の名匠」から《京都市伝統産業「未来の名匠」認定制度について(新規事業)》で見ていただくか、組合事務局へお問い合わせください。申込書もネットからダウンロード出来ます。
要綱は資料をダウンロード下さい。

京都市伝統産業「未来の名匠」認定制度について
この度,京都市では,1200年を超える悠久の歴史の中で脈々と受け継がれる匠の技を未来に継承するとともに,今後の伝統産業界を牽引する人材の育成に寄与することを目的に,京都市内で活躍する伝統産業中堅技術者を「未来の名匠」に認定する “京都市伝統産業「未来の名匠」認定制度”を創設し,候補者を募集しますのでお知らせします。
第1回目となる今年度は,平成23年1月に表彰式を行い,2月に首都圏において「未来の名匠」技の披露展の開催を予定しています。
1 募集期間
  平成22年7月21日 水 〜10月22日 金
2 応募資格  
  京都市内で要綱別表に掲げる伝統産業製品の制作に携わり,以下の条件を満たす技術者を対象に実施します。
(1) 従事期間が11年以上であること。
(2) 年齢が60歳未満であること。
(3) 現在,本市の区域内の事業所において伝統産業に従事している者で,引き続き本市の区域内の事業所において伝統産業に従事する意思のある者。
(4) 現在,京都市伝統産業後継者育成制度の育成資金を受給中でないこと。
(5) 刑事事件で禁固以上の刑を受けていない者また現在係争中でない者
3 応募方法
  所定の申請用紙を京都市産業観光局商工部伝統産業課まで郵送又は持参にて提出してください(別紙 募集要領を参照)。
4 京都市長が「未来の名匠」に対し授与するもの
(1) 「未来の名匠」の称号,表彰状
(2) 奨励金10万円
5 応募・問い合わせ先
 〒604−8571(住所記載不要)
 京都市産業観光局商工部伝統産業課
TEL 075−222−3337 FAX 075−222−3331
※ 京都市伝統産業活性化推進審議会審査選考部会において行う,申請者のプレゼンテーション審査(必要に応じて書類審査,工房調査を実施)を経て,10名以内で未来の名匠を認定します。